火災保険・かし保険

火災保険

見出し画像

このようなお悩みありませんか?

  • 古い家だから雨漏りしていないか気になる

  • 台風や強風、ゲリラ豪雨などで屋根が心配

  • 雨樋が曲がっているようだ

  • 訪問業者に修理を迫られた

火災保険適用で実負担最大0円

その名称から、いかにも「火災のときしか申請できない」というイメージを持ってしまいがちな火災保険。
実は、火災でなくとも、風害、雪害などの「自然災害で破損した建物」の場合、ご加入中の火災保険が適用される場合があるのです。

台風や大雪が原因で破損してしまった雨樋は、正しい保険申請を行うことによって、最大で実負担0円で修理することも可能です。

加入したままになっている火災保険、これを機会に、一度お手元の書類を確認してみてはいかがでしょうか。
加入されている保険によっては対応できないケースもありますが、その判断も含めてプロに一度、保険証券や約款を見ていただくことをおすすめします。

実は、火災保険に加入していれば

80%以上の屋根が保険金で
修理できます!

あなたの火災保険にも「風災補償」がセットされています!

火災・落雷・爆発

イメージ画像

「住まいの保険」の基本となる補償です。
火災や落雷、ガス漏れなどによる爆発などにより損害が生じた場合に保険金が支払われます。
また、これらの災害の後片付け清掃、搬出など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」も補填されます。意外なところでは、近年はゲリラ豪雨などもあり落雷が頻繁に発生していますが、雷によって壊れてしまった電化製品(テレビやパソコンなど)も補償されます。

風・雹・雪災

イメージ画像

近年は大型の台風や暴風が頻繁に発生しており、瓦やコロニアル材が浮いたり飛んだりしています。さらに飛んだ屋根材がガレージを破壊したり、他人の家屋に被害を及ぼすケースも決して珍しくありません。
また、普段は雪がめったに降らない地方にも何十年ぶりのドカ雪やひょうなどが降っています。このような多種にわたる自然災害が原因で損害が生じた場合に保険金が支払われます。

水災・水漏れ

イメージ画像

台風や暴風雨などが原因で起こった洪水や高潮、土砂崩れによって建物が床上浸水となった損害に対して、保険金が支払われます。
また、これからの片付け清掃など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」なども含まれます。屋内では、給排水設備の故障で床が水浸しになったり、マンションでは上階の住人が水漏れを起こし、天井・壁が濡れるなどの事故も補填されます。

お宅も一見、経年劣化のようですが...

何らかの災害を受けているかもしれません!

グラフを見て、お分かりの通り、火事による火災保険の利用は以外にも少なく、全体の6割が風災や水災、雪災によるものです。

「この破損は自然に劣化したものなのでは?」というケースでもかなりの確率で補償が適用されていますし、「この程度の被害なら保険金を申請するだけ無駄だろう」と諦めていたようなケースでも100万円以上の保険金が支払われることは難しくありません。

自動車保険と違い、火災保険の場合は保険を使っても保険料が上がることはありませんし、しかも被災するたびに何度でも申請が可能です。
ですから、少しの被害でも気づいたときに調査、申請がお得です。

火災保険のよくあるご質問

火災保険を使うと保険料は上がりますか?また、何度でも使用できますか?

保険料は、自動車保険と異なり等級制度などはございません。そのため、何度使っても同じ保険料になります。
また、被災するたびに申請をしていただければ、何度でも火災保険は使えますので、積極的に利用いただいた方が良いと思います。

昨年の台風で屋根が壊れたのですが、これを保険申請できますか?

保険申請は、3年前の自然災害まで遡って、被害を受けた部分の申請が可能になっています。
但し、破損状況を見て支給額は決まります。修繕費全てが支給されるわけではありませんので、この点はご了承くださいませ。

加入している保険会社によって使えないなどの制限はありますか?

特に制限はないのですが、加入されている保険の内容によっては申請できない箇所もございます。一度お問い合わせくださいませ。

保険申請すれば、必ず火災保険会社から保険金がもらえるのですか?

風災や雪災かどうかの判断や補償額の決定は、保険会社と契約している調査会社が行うため、必ず保険金が出るわけではございません。
ただ、最終的に7~8割が保険の対象になると言われています。
この辺りは過去の経験からある程度アドバイスはさせていただけますので、一度無料のご相談をご利用いただければと思います。

相談料はかかりますか?

いいえ、相談料はかかりません。また、説明、お見積もりも無料ですので、お気軽にご相談くださいませ。

適用申請を徹底サポート
しています!

頼むなら「売る」プロよりも
「使う」プロにお任せください!

鑑定士への状況説明、被災箇所の写真撮影、見積もり書などの書類作成...申請の手続きは複雑で面倒です。面倒だからとあきらめてしまう前に、一度お話を伺わせていただけませんか?

弊社なら、火災保険の適用金額に応じた工事も可能です。住まいの状態によって適用金額が変わりますので、ご入会の保険会社へ連絡する前に、まずは私たちにご相談ください!

問い合わせバナー

かし保険

見出し画像
イメージ画像

弊社は、国土交通省大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人株式会社日本住宅保証検査機構の「JIOリフォームかし保険」の取扱い認定店です。

リフォーム工事は小さな工事でも決して簡単ではなく、専門的な知識や職人の技術が必要とされます。また、増築や外壁工事などの大規模なリフォーム工事では構造安全上のチェックなどが必要となります。

このように、工事の規模や種類が多岐にわたるリフォーム工事では、工事の品質を一定に保つことは非常に難しいと言えます。そこで弊社では、お客さまがリフォーム後も安心して住まえるよう、工事の内容に不具合がないか建築士による【検査】と【保証】がセットになった、住宅瑕疵担保履行法に基づく「JIOリフォームかし保険」のご利用をおすすめしています。

長いお付き合いだからこそ、施工だけではなく、

しっかりとした保証体制をご提案いたします。

弊社は、国土交通省大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人株式会社日本住宅保証検査機構の「JIOリフォームかし保険」の取扱い認定店です。

リフォーム工事は小さな工事でも決して簡単ではなく、専門的な知識や職人の技術が必要とされます。また、増築や外壁工事などの大規模なリフォーム工事では構造安全上のチェックなどが必要となります。

このように、工事の規模や種類が多岐にわたるリフォーム工事では、工事の品質を一定に保つことは非常に難しいと言えます。そこで弊社では、お客さまがリフォーム後も安心して住まえるよう、工事の内容に不具合がないか建築士による【検査】と【保証】がセットになった、住宅瑕疵担保履行法に基づく「JIOリフォームかし保険」のご利用をおすすめしています。

長いお付き合いだからこそ、施工だけではなく、

しっかりとした保証体制をご提案いたします。

リフォームかし保険のメリット

1.リフォーム工事で、質の高い施工が確保されます

リフォーム工事に自信があるから、第三者の検査も自信を持って受けられます。

イメージ画像

2.建築士の資格を持った、プロの検査員が工事の検査をします

しっかりとした施工がされていないと、水漏れで柱や床をいためてしまうなど、工事をした箇所以外にも影響するようなことがあります。

リフォームかし保険適用の工事では、リフォーム工事の施工中や工事完了後に、第三者の検査員が現場を検査します。お客様では分かりにくい工事の内容をプロの検査員の目でチェックするので、施工ミスの防止に役立ちます。

イメージ画像

3.住宅あんしん保証によるサポートがあります

工事完了した後日に工事にかし(不具合)が発生した場合弊社が補修を行い、住宅あんしん保証より補修費用の80%を保険金としてサポートします。

イメージ画像

4.万が一のときも安心!な仕組みがあります

当社が倒産した場合でも、お客様から直接保険金の請求ができ、補修費用の一部が保険金としてお客様へ直接お支払いされます。さらに他の業者へ依頼して、かし補修を行えます。

仕組み画像

リフォームマイスター周南が、かし保険をおすすめする理由

社長写真

私たちは、外壁塗装・屋根工事などのメンテナンスは、家の健康を保ち、快適に暮らしていくために必要な工事であると考えています。
そして、決して安い買い物ではないと思っています。しかし、施工品質が低かったり、一部の悪質業者によるずさんな手抜き工事などリフォーム工事の被害やトラブルをご心配されているお客様も多くいらっしゃいます。

そこで、弊社ではお客様に安心してリフォームをお任せいただけるよう、国の政策として行っている「リフォームかし保険」のご加入をおすすめしています。

また、いいリフォーム会社を選ぶポイントに「リフォーム瑕疵保険」の加入店かどうかの確認もおすすめいたします。

施工の面でご不明点がございましたら

まずはリフォームマイスター周南

ご相談ください!

見出し画像
問い合わせバナー